解決済

あやふや本 No.0022

内容

四十年ほど前に好きだった本。 狐と少年との交流を描いた連作短編集。

狐は人間の言葉を喋るし、普通に化ける。

特に記憶に残っているシーンが夏の話で、少年が手持ちの打ち上げ花火に火をつけると、花火の筒から火の玉の代わりに狐の顔がポンポンと発射される。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:けんちゃんあそびましょ

作者:藤田圭雄

本のリンク:

けんちゃんあそびましょ (1981年) (講談社青い鳥文庫)