解決済

あやふや本 No.0413

内容

その本は、23年前に小学校の図書室にあった児童書です。
田舎の古い学校の図書室だったので、もしかしたらもっと昔の本かもしれません。
低学年だった私でも読める本でした。
どんな話だったのかも、もはや思い出せないのですが、主人公の女の子が期待に胸を膨影らませるシーンで「まるでホットケーキみたいに気分が膨らみました」みたいな(ここも暖味ですが)表現がされていたのがとても印象的でした。
もしかしたらホットケーキのイラストも載っいたかもしれません。
とにかく、それがとても美味しそうだ!と感じたことだけ覚えています。
その後、ホットケーキのように膨らんだ女の子の気持ちは、何かお母さんの言動によって「みるみるうちにしぼんでしまいました」というような記載もあったと思います。
なんとなく挿絵の女の子は赤い服かリボンをしていたような…?
そのホットケーキについての記載も、本筋に関係あったのかどうかも思い出せません。
(ちなみに、こぐまちゃんのホットケーキではありませんでした。)


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:ホットケーキはすきだけど…

作者:宇野克彦

本のリンク:


前後の「解決本」へ