解決済

あやふや本 No.0428

内容

私が中学の頃に読んでいた本です。
とある本屋(?)にある本の中に吸い込まれた主人公が、どんどん望みを叶えていくにつれて自分の記憶を失っていくんです。
最後には自分の名前すら忘れてしまい本の世界から出られなくなる危機に陥ったのですが、その世界で出会ったとある人に助けられて無事脱出しました。
最後の現実世界に帰ってきた時に確か、バターと蜂蜜がたっぷり塗ったトーストが出てきた気がします。
海外の作家さんの小説です。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:はてしない物語

作者:ミヒャエル・エンデ

本のリンク:


前後の「解決本」へ