解決済

あやふや本 No.0564

内容

・古めの純文学・学校の授業で習った話
・主人公の大学生(名前なし)が精神を患った元小説家?の男の外出の付き添いをするアルバイトをする話
・実は男は行きずりの女との間に子供が出来たが女は流産し、頭がおかしくなった。その流産した赤ん坊の幻影をずっと見ている。赤ん坊の幻覚は空に浮かんでいるイメージ。
・主人公は男の見る赤ん坊の幻覚も見えないし理解も出来ない。外出に付き合っていくうちに奇妙な関係性が築かれていって、死んだ赤ん坊を産んだ元妻(でっぷりと太っていて、男の慰謝料で高級マンションに住んでいる?)に会ってあんな赤ん坊なんてどうでも良い。いつまでも引きずるなと言われ主人公は他人事の筈なのに男の代わりに怒る。
・最後に犬の群れに襲われ追い詰められてピンチな時に空から風船のように膨張した赤ん坊が降りてきて怖がった野良犬は逃げてしまうっていう終わり方で主人公は最後にやっと男の見ていた幻覚に、男の世界と同じ目線で見ることが出来た、というオチ


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:空の怪物アグイー

作者:大江健三郎

本のリンク:


前後の「解決本」へ