未解決

あやふや本 No.0711

内容

高校生の時(5年ほど前)、 何かの全国模試で読んだ小説です。
・主人公は小学生の頃、クラスメイトのお金持ちの男の子と仲良くなる。
・その子のお父さんの書斎を見て、 アカデミックな世界への憧れを抱く共に、自分がそこに属せないと言う直感を得る。
・やがて主人公は大きくなり慶応義塾大学へ入学するが、やはり自分は膨大な「知の世界」に本当には所属できないと悟る。
・クラスメイトの男の子は意地悪
・ 船か何かの模型で主人公を利用しようとした
・主人公がクラスメイトの男の子から預かった何かを、庭に捨てる描写がある
・舞台は東京ではない(愛知県だったような)


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ