解決済

あやふや本 No.1599

内容

ホラー小説を子供向けにリライトした短編集の中の一作で、目も耳も口も不自由な老婆の家で、何人も子どもが暮らしてて、屋根裏部屋?にある大きな箱の中に、子どもが1人、また1人と別々の理由で消えていく。
老婆は気づかずに今日も子どもたちのご飯を作り続けてる…というものでした
なお、同じ短編集に、H.P.ラヴクラフトの「アウトサイダー」を子ども向けにしたものも収録されてました


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:世界の恐怖怪談『そしてだれもいなくなった』

作者:ウォルター・デ・ラ・メア

本のリンク:

世界の恐怖怪談 (1977年) (ユア コース シリーズ)

依頼者コメント等:

該当の話は、「そしてだれもいなくなった」というタイトルで掲載。
元はウォルター・デ・ラ・メアの「ふるい櫃(原題:Riddle)」という話のようです。