未解決

あやふや本 No.1755

内容

昔中学受験時代(8.9年前)に市進学院の国語で時々出てきていた物語で、小学生位二人の男の子が中心のストーリーです。
断続的に覚えている情報は親友の二人はいつか自転車で旅をすることを約束していた。
先に親友が自転車(カタログに載っているようなギア何段・ライト等の男の子心をくすぐるモデル)を買ってもらい、主人公は親に自分も自転車が欲しいとせがむ。
しぶしぶ親は了承し、ついに手に入れた自転車は親戚のおじさんからのお譲りはロードバイク(もしくはマウンテンバイク)とにかく大人向けのものだった。
親友のもののような遊び心は無いが、渋い大人のような見た目に主人公は魅力を感じ喜んでそれを使う。
学校ではクラスの男子に羨ましがられ鼻高々だった親友だったが、良いものは買えないと思っていた(内心下に見ていた?)主人公の自転車の登場に周りの興味も掻っ攫われ、いい気がしない。
つい暴言を吐いていまい親友であったお互いの仲はこじれていく。


Tweetこの本のツイートへ