未解決

あやふや本 No.1765

内容

10年ほど前に、小学校の図書館で読んだ一冊の本を探しています。
恐らく、登場人物たちの名前がカタカナ表記であったことから、海外のお話であるように思います。
内容として覚えていることを箇条書きすると、
・学校が舞台。先生と生徒の話。
・先生が良い行いをした生徒にチケットを渡す。
・生徒はそのチケットを消費することで、学校内で様々な良いことが得られる。
(具体的なものはあやふやです。)
・そのチケットをどんどん使っていく生徒が多い中、全く使わずに貯めていく生徒があらわれる。
・その生徒は卒業頃になって、誇らしげに周りの生徒に今まで貯めていたチケットを見せびらかすが、先生はそんな生徒を見て「貯め込むのは無意味で、使用した方がよっぽど良い。」と言った趣旨のセリフを投げかける。先生曰く、一番多く消費できた人がナンバーワンである、と。


Tweetこの本のツイートへ