解決済

あやふや本 No.1770

内容

・小学校の図書室に置いてあった小説。(約10年前)
・骨董品?かアンティーク?(とりあえず古い)の品物1個につき1つのストーリーが書かれており、短編集のような作品。
・それらの品物を扱っている店主が、客に品物についてのストーリーを話してあげる、みたいな設定だった気がする。
・店で鍵が閉まった状態の鍵付き小物入れを買った客が、その後自宅でピッキングして、小物入れから髪の毛の束が出てくる。
・その髪の毛は店主の話曰く女の子の髪の毛で、女の子は足音を一切立てずに歩くことが出来る。
・たしかその子は金持ちの坊ちゃんの家の召使い的な女の子だった気がします…。
そして女の子の髪の毛は坊ちゃんに切られたって話だったような…これについてはかなりあやふやです…。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:不思議を売る男

作者:ジェラルディン・マコーリアン

本のリンク:

不思議を売る男