解決済

あやふや本 No.1784

内容

・母娘が営む古物店?
・経営がちょっと厳しい
・そこへ不思議な男性がやってくる
・男性は客に店の数々の品物が持つ物語を語って聞かせる
・不思議なことに、男性の語る物語はホラ話には思えない
・客は品物の物語を聴いて興味を惹かれて購入したり、逆に気味悪がって購入をやめたりする
・母娘の叔父?的存在の男はそれを快く思っていない
・しかし、ある日その男性がいなくなる
・不思議に思う母娘の元へ、以前男性の物語を聞いて品物を購入した男が来る
・「あの男は嘘つきではなかった」と、男性の物語が真実である証拠を持ってきた(証拠:鍵のかかった箱に入っていた一房の髪,購入した男が鍵を針金?でこじ開けてみた,物語の男性は開かずの箱に入っている髪にまつわる話をしていた)
・興奮する娘と困惑する母
・そして母は何かに気づいたような素振りを見せる
・場面が変わり、とある引きこもり気味の男性を呼ぶ母親(前述の母娘とは違う人)がいる
・母親が男性の部屋に入るとそこには誰もいない・眼鏡が置きっぱなしになっていて、母親は「眼鏡がないと何も見えないのに」と不思議に思う終わり
こんな小説です確か、品物1つ1つの物語が短編集みたいになっていました


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:不思議を売る男

作者:ジェラルディン・マコーリアン

本のリンク:

不思議を売る男