解決済

あやふや本 No.1862

内容

20年ほど前に読んだ児童書を探しております。
その時点で古そうな本だと感じたので、90年代より前に出版されたものかと思うのですが、「少年が飼い犬と共に山に入ったら、巨大なイノシシ?に遭遇して殺される」「しかし少年の魂は飼い犬の中に入って無事だった」「自分の肉体に戻るために、犬の身体でイノシシ?を倒す」「最後は自分の葬式に駆け付け、そこで蘇る」と言ったような内容でした。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:ひとりぼっちのロビンフッド

作者:飯田栄彦

本のリンク:

ひとりぼっちのロビンフッド (きみとぼくの本)