解決済

あやふや本 No.1958

内容

2000年頃のライトノベルで上下巻の空戦記もの主人公の少年コーディと蜘蛛のような寄生生物のタウが、荷物の空輸を生業としていたけどある日、ある国の皇太子アレクセイを助けたところから、その皇太子を国に送り届け、その国の空軍パイロットになる他に主人公の姉だか叔母だかの上司や、その元カレの空戦ライバル、皇太子お付きの執事(戦車戦の草分け的存在)などが登場します
物語の途中、海上都市のような場所に寄ります。
海賊の巣窟で、そこを締めるボスが女帝とお付きの2人。
後々皇太子を祖国に送り返す手伝いをしたような気がします。
主人公が空軍パイロットになって、自軍不利の戦車戦をひっくり返すシーンがありますが、戦闘機からのキャノン砲で戦車天面を貫通させていくシーンがありました。
お付きの執事が豪快な人で、無反動ロケットランチャーを後方確認なしで撃って、味方を巻き込みかけたシーンを覚えています。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:Beat Gunner『ビート・ガンナー』

作者:浜崎達也

本のリンク:

Beat Gunner(ビート・ガンナー)〈1〉 (角川スニーカー文庫)