解決済

あやふや本 No.2200

内容

・読んだのは10年前程(でももっと昔の本かもしれない)
・文庫本程度か一回り小さいくらいのサイズで10ページ程の薄い本
・表紙中身共に白地(曖昧)
・表紙には二足歩行で可愛いキャラクターっぽくデフォルメされた豚のイラストとタイトル
・1ページにつき2.3行の短い文章と豚のイラスト
・文章は主人公(?)である豚の男の子目線での気持ちが書かれている(ポエムっぽい)
・最後の方のページに「ぼくが○○ちゃん(女の子の豚)を好きなの|は、○○ちゃんがぼくのことを好きだからです」といったような文章があり、とても印象に残っています。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:波間のこぶた

作者:銀色夏生

本のリンク:

波間のこぶた 角川文庫