未解決

あやふや本 No.2225

内容

・私の祖母か母が10代の頃に読んでいた(昭和10年~40年代)文庫本を探しています。
・紙の材質は藁半紙のような昔の本によくある紙質のものでした。
・とある家庭の女の子が兄の友人に恋をするお話。
・その兄の友人は戦争に行ってしまうという描写があったような気がします。
・1番覚えているシーンはある日の夕食に主人公と母親がコロッケを揚げてて、1番年が近いお兄さんがつまみ食いをしていくシーンで「小兄様がまたつまみ食いしてる!」「○○ちゃん(主人公の名前)、1個くらいいいじゃないか」みたいな会話をしていたこと。
・主人公には兄が2人か3人、姉が1人か2人いた記憶があります。
・戦争の描写は特になく、主人公である女の子の恋愛模様を書いた本でした。
・値段が確か100円と書いてあったような気がします。


Tweetこの本のツイートへ