解決済

あやふや本 No.2258

内容

・少なくとも15年前には刊行されていた児童書
・主人公は大人数の兄弟の長男(あるいは次男)
・物語の中で兄弟の中のひとりが死んでしまう
・みんな涙を流して悲しむが、主人公は泣くことができずに悩む
・父親に「かなしみのどんぶり」という喩えで諭される。「かなしみのどんぶりをいつ食べはじめるかは人それぞれなんだ」というように
・ラストはハッピーエンドで、家族みんなでパーティをするようなシーンで終わったような気がする


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:エイボン家の小さなひみつ

作者:ラルフフレッチャー

本のリンク:

https://www.amazon.co.jp/dp/4580812794/ref=cm_sw_r_cp_awdb_c_MXAPDb44TGV3R