解決済

あやふや本 No.2392

内容

ライトノベルを探しています。
有名な作者さんだったことを覚えています。
冒頭は主人公の少女が記憶喪失で目覚めたところから始まり、何故かオムツを履いている。
その後小さな女の子や大男が出現して、小さな女の子に笑われ、大男には首を絞められたり殺されかける。
けれどその理由は本人たちにあり、
大男は主人公の少女の兄で、小さな女の子は兄が造った人造人間で兄に恋をしている。
けれど兄妹はその人造人間にいつもひどいことをしていたのでそのお返しだった……

あと兄妹は恋人同士だった気がします。
今思えばライトノベルだと思っていただけの別の何かだったかもしれません。
追記としましては、「小さな女の子が火をつけられるシーンがある」ことと、有名な作者というのは勘違いだったかもしれないということです。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:魔界探偵冥王星О トイボックスのT

作者:越前魔太郎

本のリンク:

魔界探偵冥王星O―トイボックスのT (メディアワークス文庫)