未解決

あやふや本 No.2418

内容

・15年くらい前に中学校の図書室で読んだ海外の児童文学作品。
・表紙はあまり爽やかなものではなかったと思います。
・巻数は5冊~10冊前後で完結しています。
・近未来のコンピュータに管理された世界で、主人公は少年。
・何か少年を脅かす存在(たぶん組織ではなく主人公と同年代?の一人の少年A)が出てくる。
・人類は体にチップを入れられて居場所も管理されているが、主人公は腕に埋められたチップを自分で取り出しAから見つからないようにした。
・最後はどこか高い場所からAが落ちて終幕。
・主人公もその場におり「お前もだったのか」みたいなことを言う。
・勧善懲悪ものではなく、Aも主人公を追う納得の理由があったと思います。
・その理由はAも身勝手な理由で作られたクローンだった、というような….。


Tweetこの本のツイートへ