解決済

あやふや本 No.3579

内容

本?というより古文なのですが、大学受験のときに塾で説いた問題の古文に感動したのを覚えています。
ふと最近思い出したので特定していただきたいです。
・島に流された
・そのせいで友人と離れ離れになってしまった
・友人をひどく心配していた(?)
・何年か経ったある日、笹の葉(?)が島に流れてきて、友人が元気に生きているとわかった


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:英一蝶 干物便り

More Info:流人絵師・英一蝶と俳人・宝井其角との友情と島暮らしの哀感は「英一蝶干物便り」として講談で語り継がれている。

本のリンク:この本のURLへ