解決済

あやふや本 No.3596

内容

・時期は夏の(多分お盆の日)
・女の子と確か男の子が居て女の子と不思議な出会いをする
・場所は京都みたいな雰囲気
・その日だけ死者が蘇れる→女の子は死者で蘇ってた
・女の子の仏壇に男の子が行ってて遺影を見た
・表紙は京都みたいな雰囲気の場所に女の子が居る感じ
・「狐」という単語が出てた気がする←もしかしたら私の勘違いかも…
小学校の図書室にあった本です。
本はそこそこ分厚くて、小説が好きな子が読むくらいの内容の多ささだったと思います


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:帰命寺横丁の夏

作者:柏葉幸子

本のリンク:

帰命寺横丁の夏