解決済

あやふや本 No.3609

内容

覚えていること
・児童書・戦時中・幼なじみの男の子と女の子。家が隣同士。敵に見つかってしまうため家から出られなくなり、音を殺しながら隣の家との間の壁に穴を開けて開通させる。
・戦争が終わり(?)、帰国する途中の船で男の子が病気で亡くなる。遺体は船から海に沈めることになり、女の子がやめてと大泣きする。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:えっちゃんのせんそう

作者:岸川悦子

本のリンク:

えっちゃんのせんそう