解決済

あやふや本 No.3689

内容

海外の話です。
(作者も外国の方です)おじいさん(喋れなかったかも)の息子(あるいは娘)夫婦と孫の女の子が戦争の爆撃に巻き込まれ、夫婦と孫が可愛がっていたお人形さんが犠牲になります。
おじいさんは孫娘と一緒にすごします。
出会う人たちはみんな優しいです。
最後に、その孫は実はお人形さんだった、という事が分かります。
おじいさんのセリフは全くありませんでした。(話せなかったかもしれません)健康診断(?)をした時も、孫娘(人形)も見て欲しいとお医者さんに訴え、みてもらったと言うエピソードもありました。
出会う人達が皆優しく、孫娘(人形)を可愛がってくれます。
特に男性(おじさん?)がおじいさんを親身になってお世話をしていました。
私は孫娘=人形と言う事を全く気付かず読み進め、最後にビックリしました。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:リンさんの小さな子

作者:フィリップ・クローデル

More Info:※ 番号重複のため 文庫 No.3599→ 書庫 No.3689となっています

本のリンク:

リンさんの小さな子