未解決

あやふや本 No.3823

内容

読んだのは20年以上前、文庫本でした。
おそらく旅を終えてだったと思いますが、海辺の故郷に帰ってきた男性が主人公の小説。
よく覚えてるのは、終盤に小舟で入り江から外海に漕ぎ出した主人公が、崖に祖父(?)が掘ったという梵字を見るシーン。
小説の行間に梵字が書いてあったのを覚えています。


Tweetこの本のツイートへ