解決済

あやふや本 No.3824

内容

小学校高学年から中学生向け?の児童小説で、短編集です。
結構古い本でした。
内容は・主人公の小学生の女の子には同級生の親友(Aちゃん)がいる。
その子は宗教(カトリック?)に入っている。
・中学に進学し、主人公とAは別々の学校に行く。
・ある日主人公はAが満員電車で死んだこと(圧迫死?)を知る。
・「押し返すことが悪いことだと思ったんだね。」と主人公が思う
・Aの家族も宗教に入っている。Aが死んだことに「神様がはやくお側に置いておきたかったのでしょう。」と飄々としていて、悲しんでないことに、主人公は違和感を覚える。
・帰り道?主人公は泣く。主人公のお母さんが「誰かが泣いてあげないとあの子が可哀想だよ」と言う。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:あたたかい右の手

作者:壷井栄

本のリンク:

あたたかい右の手 (昭和33年) (雨の日文庫〈第2集 8〉)