未解決

あやふや本 No.3877

内容

・読んだのは10年程前。ハードカバーの本でした。
・物語の冒頭部分、男女(恐らく10代)の会話から始まります。
・女が「空を飛んだことある?」との問いに男(主人公)はドキッとする。
・女は「夢の中で空を飛んだ」と能天気に話す。
・男は「ない」と答えるが、昔に高い建物から飛び降りた(自殺未遂か事故か不明)ときの感覚が、空を飛んだようだったと思い返す。
この部分が印象的でした。
もしかしたら短編集の1つかもしれません。


Tweetこの本のツイートへ