解決済

あやふや本 No.3916

内容

【性的な描写があります】
おそらく10年ほど前に読んだ本です。
一冊の中に同じ設定の短編、または章ごとにはっきりと話の区切りがついていたように思います。
・登場人物主人公…SMクラブの女王様。
彼氏と同棲中。
確か弟がいる。
実家とは疎遠。
同僚…SMクラブの同僚。
可愛い系。
ママ…SMクラブのママ。
着物着用?他….数人の客が登場した気がします。
・1話目主人公に父の葬式の連絡が入るところから始まる。
最後、彼氏は久しぶりの帰郷を勧めるが主人公は気乗りしないシーンで終わる。
父親は幼い娘が枕に跨りそれと知らず自慰の真似事をしているのをずっと見ていたことが度々語られます。
・2話目か3話目針持参の男性客が現れる。
幼い頃母親(義理?)に折檻をされており、その内容が性器に針を刺すことだった。
もう一度女性にやってもらいたいが何件かの店では断られ、主人公の店でもママしか対応できなかった。
後学のためにと主人公と同僚の二人だけが見学に回るが、同僚は見ていられず逃げ出す。
・印象的なのは店に「女王様と最後には本番行為に及べるのか」という問い合わせの電話があると電話番が「高貴な女王様が奴隷と情を交わすとお思いですか」という旨の返事をする、という店の説明です。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:ひざまずいて足をお舐め

作者:山田詠美

本のリンク:

ひざまずいて足をお舐め (新潮文庫)