解決済

あやふや本 No.3933

内容

小学生の頃に図書館で読んだ本なのですが、自分の時間は止まり、好きだった女の子の時間と自分以外の全ての時間は進んでしまって、自分だけが幼いまま、日常が動き出す、男の子の小説があったような気がします。
小学生で時が止まって、次に時が動き出した時は、好きな女の子は17歳になっていた気がします。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:きみを守るためにぼくは夢をみる

作者:白倉由美

本のリンク:

きみを守るためにぼくは夢をみる(1) (星海社文庫)