未解決

あやふや本 No.4307

内容

・約20年前に小学校の教室においてあった絵本
・日常的なストーリー。
幼い女の子が主役。
場所は家のなかだった気がする。
主なストーリーは忘れてしまったが、女の子の心の成長を描いていて、最後に女の子が自宅で手土産のカップケーキを食べる物語だった。
そのカップケーキの上が黄色いクリームのようなふわふわな描写で赤いトッピングがひとつのっていたような気がする。
そのカップケーキを買ってきたのはお母さんか、お客さんのおばさんのどちらか。
黄色のカップケーキは箱のなかに数個あったような気がする。
絵の雰囲気はいわさきちひろさんや山本まつ子さんのように優しい絵柄だった気がする。
ハッキリとした絵柄のカップケーキではなく色鉛筆で描いたようなぼんやりとしたものだった気がする。
とにかく黄色いカップケーキがふわふわで美味しそうだったという記憶しかありません。


Tweetこの本のツイートへ