未解決

あやふや本 No.4374

内容

ジャンル…….児童書読んだ時期…..2000年代刊行時期……不明イラストなど……とくになし小説上の設定……現代(少なくとも戦後)の日本だった気がしますあらすじ…….小学生くらいの元気な女の子があるとき病気にかかります。
その病気は手足が徐々に動かなくなる病気でした。
とうとう起き上がることもできなくなり、最後は医師の「ご臨終です」と時刻を告げるところで終わりました。
印象的なシーン……女の子が「みんな大きくなるのに、わたしだけ赤ちゃんに戻っちゃう」と話していたのが印象に残っています。
『1リットルの涙』は確認しましたが、これではないと思います。


Tweetこの本のツイートへ