解決済

あやふや本 No.4838

内容

10年近く前に図書館で読んだ児童書(小説)です。
主人公の女の子がタイムスリップし、ある孤児の男の子と、彼を含む孤児が5、6人集まって住んでいる家で起こる問題など解決していく作品です。
主人公は透けていて、触れられるものは石でできた狐の置き物(?)だけでした。
気を抜くと地面にズブズブ沈んでいって、集中すると地面に立てる、という描写がありました。
途中で家の中で年長の女の子が身売りに行こうとして家出し、それに気づいた主人公が一番年長の男の子を中心にみんなで止めに行かせる描写があったと思います。
狐の置物をどこかに置き、そのまま現代に戻ってきた主人公がそれを発見し、夢じゃなかったと思った、という結末です。
装丁は青っぽかった気がします。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:ちょんまげ君の借金脱出大作戦

作者:東山えつこ

本のリンク:

ちょんまげ君の借金脱出大作戦 (for Boys and Girls)