未解決

あやふや本 No.4860

内容

・2008年頃小学校の図書室で読んだ児童文学書を探しています。
・ハードカバーで挿絵は鉛筆画、表紙は水彩画だったと思います。
・主人公は小学生の日本人の男の子で夏休み中の話でした。
・少年が海で拾った巻貝を持ち帰り、勉強机で眺めていると貝の中から小さな蟹が出てくる。
・なんらかの理由で少年が蟹と同じ大きさになり、お話ができるようになる。
・少年が元の大きさに戻ると喋れなくなった蟹が貝の中に戻る。
・最終的にもう一度貝を持って海へ行き、蟹を海に帰してあげる。


Tweetこの本のツイートへ