解決済

あやふや本 No.4870

内容

あるシリーズの第2作目、およびそのシリーズを探しています。
シリーズの主人公は女子高生探偵(もしくは中学生)、オカルト的なミステリーでおそらく全三部作だったと思われます。
IQというワードが印象に残っています。
(主人公のIQが高いとか?確かタイトルか副題に使われてたような)読んだ記憶のある第2作目は、犯人が超能力を持つ少年で、5次元にアクセスすることで空間移動が出来る少年が金塊を盗むといった内容でした。
物語の雰囲気は全体的に暗かったです。
途中、N次元についての定義を主人公の父親?が話すシーンがあったのを覚えています。
ハードカバーの本で、発売は2010年以前です。
小学生の頃に学校の図書館で読んだのですが、当時「本当にこの本って小学生向けなのかな?」と感じた記憶があるので対象年齢はもう少し上かもしれません。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:少女探偵夜明 魔少年χ

作者:北村想

本のリンク:

少女探偵夜明 魔少年〔χ〕 (ミステリー・BOOKS)