未解決

あやふや本 No.5205

内容

20年近く前に少女漫画のコミックスで読んだ話です。
この時点で古本での購入だったので描かれたのは更に昔かもしれません。
・特殊な機関?で育った超能力者?の三人(男二人、女一人)
・そのうちの一人の名前は翡翠かヒスイ
・女の子は自作のポエムか詩集をノートに綴っていた
・そのノートは住処を燃やされた?燃やした?際に焼失し、そのことにショックを受けていた。
・最終的に三人のうち一人だけ生き残り、一人でヒスイの名前を叫んでいるところを誰かに目撃される(たしかその際のセリフは手書き文字)
・短編集の中のひとつだったかもしれません。
他に壊滅した都市の地下鉄で暮らす女の子の元にしくしくと泣く不思議な赤ん坊が現れて「普通の子供の泣き方じゃない…!」となっている読み切りも収録されていた気がしますが、これは別の本だった可能性があります


Tweetこの本のツイートへ