解決済

あやふや本 No.5352

内容

依頼人の男(以下:男)が主人公に君の捜査は間違っていると怒鳴り込むところから始まる
男の妹の死因は自殺とされているが納得していない様子
妹には婚約者がいて、その婚約者は男の親友だった。
男は婚約者を疑っている
怒鳴り込みの後に妹の婚約者が、男の妹と同じ亡くなり方をする
事件の結末は金庫にある遺書から分かる。
妹は自殺。
婚約者は依頼人(男)が殺す。

妹は兄のことが好きだったが言えなく苦しくなり、決断。
婚約者は妹から男に言わないように口止めされていた。
そして婚約者もまた男のことが好きだった。
どちらも依頼人の男に恋愛感情を持っていたまま亡くなっていた。

婚約者のモノローグでは、依頼人男に殺される時に抵抗しなかったことが描かれている。
また依頼人の妹と同じ人が好きだったから、もっと上手く2人で協力して生活していれば男が悲しむ展開にならなかったのではと分析している。
また、どうせ好意を伝えられないから親友として男の傍にいようとしていたが、好きな人に殺されるなら相手の記憶に残るから幸せだと穏やかな最期だった。

主人公(男)について実母がBARのママで複雑な環境で育ったこと。
幼少期に玉子の寿司が好きだと言って以降、BARでその寿司を注文されるが本当は好きではなくなったとは言えないことが悩みらしい。

ドラマCDにもなっていて、個人的にはその印象が強い(なので原作は漫画?)主人公の声は緑川さんか鳥海さんか神谷さんだった気がする。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:法医学者と刑事の相性

作者:愁堂れな

本のリンク:

法医学者と刑事の相性 (キャラ文庫)