未解決

あやふや本 No.5353

内容

10年ほど前に石川県の鹿島少年自然の家という施設で読んだ説話集です。
少し怖い・不思議な話ばかりで、挿絵は細い線で日本画風でした。
以下、収録されていた話です。
・「雷公」という雷の化身の男が活躍する話
・日照りに見舞われた村の人々が雨乞いの一環として自分たちのへそを差し出し、カエルのような腹になるが、結局干からびたへそが祠に放置されていた話
・妖怪を信じていなかった男が夜叉や鬼に追われ、捕まって体を縮められたり引き伸ばされたりする
・幻術を使う男が様々な物に変身し、処刑を免れる話


Tweetこの本のツイートへ