解決済

あやふや本 No.5428

内容

2001年~2005年頃、図書館で読んだ小学生向けの本(1冊)を探しています。
ハードカバーの児童書で、当時すでに古びた本だった(新刊ではなかった)と思います。
上下巻ではありませんでした。
・小学生の男の子と女の子(兄妹ではない)が、赤ちゃんになってしまった自分たちの両親を2人で育てる話。
・謎の薬?か何かの影響で2人それぞれの両親が突然赤ちゃんになってしまった。
最後まで元には戻らない。
・物語途中で生活費がなくなるが、親の口座にしかお金がないため、銀行の窓口に女の子がお金を下ろしに行くシーンがある。
・小学生が下ろしに来たたため窓口のお姉さんに怪しまれ、「自分は中学生で母の代理できた」とウソを付くシーンがある。

ラストで薬?を作った博士?のような人が出てきた。
今後は博士が2人と赤ちゃんのままの親たちを育てる、というオチだった気がする。
親が元に戻らなかったことが衝撃的だった。
・図書館で隣に並んでいた本(恐らく同じ作者の本)で、同名の男の子と女の子が主人公として出てくる冒険物語があった気がするので、シリーズ物かもしれない。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:SOS!時計よとまれ

作者:さとう まきこ

本のリンク:この本のURLへ