解決済

あやふや本 No.5444

内容

・6~7年前に大学図書館の児童文学関連のコーナーで読んだ
・「ちくま文学の森」か、「世界幻想-小説集」のようなアンソロジーだったとおもう
・たぶん海外の作家によるもので、全寮制の女子校が舞台。
食堂での食事場面の話。
周りから一目置かれている生徒がいて、暗黙の了解として、いつもなら彼女が最初にバスケットからパンを取ると決まっているが、その日は主人公が先に取ってしまった?(うろ覚え)というような内容の掌編
・同時期に「片腕」「すみれの君」「船乗りの少年の話」(いずれもちくま文学の森収録)を読んだ覚えがあるので、その辺りに収録されているかとおもうのですが、確証はありません


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:昨日のように遠い日

作者:柴田元幸

本のリンク:

少女少年小説選 昨日のように遠い日