解決済

あやふや本 No.5490

内容

・今から40年以上前の本です。
・恐らくアラビアンナイトや、インドの神話等を集めた子供用の本で読んだ話内容は、砂漠(?)で僧侶二人が盗賊に襲われる。
弟子が宝石など高価な物を取りに行く。
実は師匠には年に一回だけ空から宝石を降らせる魔法(?)が使えるが、それは絶対に使わないよう言い聞かせて行くが、いくら待っても帰ってこない弟子に疑心暗鬼になった師匠はその魔法を使ってしまう。
盗賊はもっと宝石を降らせるように脅すが、この魔法はもう使えないと断り、師匠が殺されてしまう。
戻ってきた弟子はだから使うなと言ったのにと悲しむ。
覚えているのはここだけです。
この宝石を隠したところから、アリババ、もしくはアラジンの話が始まったような気がしたのですが、大人になってからアラビアンナイトや千夜一夜物語を探しても同じ話は見つけることができませんでした。
アラビアンナイトならアラビアンナイトでいいのですが、どの話に当たるのかが知りたいです。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:ジャータカ『バラモンの弟子』

作者:松本照敬

本のリンク:

ジャータカ 仏陀の前世の物語 (角川ソフィア文庫)