解決済

あやふや本 No.5493

内容

・海外の児童書を翻訳したもので、複数巻ある
・主人公の少年探偵が事件を解決していく短編集

<覚えているシーン>
・ある男の子が砂場で金塊を見つけたと自慢するが、その子が金塊を見せびらかすときにレンガ大のものを片手で持っていたため、主人公が「金は比重が大きいからレンガ大の金塊を片手で持ち上げられるはずがない」と言って男の子の嘘を見破る話。金塊はレンガを金に塗ったものだった
・何かの行事で、子供達が探偵モノのお芝居(演劇)をする話。演劇の中で、被害者はサイレンサー付きの銃で背中から撃たれて殺される。犯人は通報者で(?)、手袋をしたまま電話をしたので電話機に指紋がついていなかったことが手掛かりになった。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:少年探偵ブラウンシリーズ

作者:ドナルド・ソボル

本のリンク:

少年探偵ブラウン(1) (偕成社文庫2035)