未解決

あやふや本 No.5501

内容

・90年代中頃に読みましたが、貸本だったため実際の刊行時期は更に古い可能性があります。
・作中、選択肢に応じたページを読み進めていく、いわゆるゲームブック形式の漫画でした。
・内容は典型的な、剣と魔法が出てくるファンタジーです。
・唯一覚えているシーンとして、最後、諸悪の根源が居ると思われる洞窟に辿り着くと、そこには巨大な脳が存在し、主人公達は驚きながらも脳を文字通り「ぐちゃんぐちゃん」とあっさり蹴散らして一件落着…と思わせてその展開はバッドエンド、と言う部分を覚えています。


Tweetこの本のツイートへ