未解決

あやふや本 No.5581

内容

【ジャンル】児童書

【表紙】
男の子と犬が窓から空を見ていて、少年の視線の先に当たる左上に幽霊(?)が手を振っているイラスト。
家の外観を写すようなカメラ構図なので、全員正面を向いている。

【登場人物】
主人公は小学生の男の子、他は仲の良い優しい女の子と喧嘩っ早いガキ大将の男の子で、3人とも犬を飼っている。
(表紙にいた幽霊ですが、幽霊で合っているかは確証ないです。
ただ、物事の終わり毎にまとめ役として主人公と対話していた気がします)

【ストーリー】
犬に纏り、犬を通して友情が深まる話。
女の子の犬は老犬で衰弱。
ガキ大将の子の犬は他人に噛み付いたトラブルで殺処分されそうになり、主人公に泣き付く。
犬以外の話で覚えている事は、主人公は荒っぽいガキ大将とは元々仲が良くない。
学校で何かしら悪い噂があり、その犯一人がガキ大将の犬との事で、真相を確かめたい(悪事を止めたい?)主人公はガキ大将と喧嘩する事に。
喧嘩の勝敗は覚えてないですが、ガキ大将が主人公の勇気を認めて潔白を伝える。
この喧嘩をきっかけに友情が芽生える。


Tweetこの本のツイートへ