未解決

あやふや本 No.5621

内容

小説を探しています。
古い文庫本でした。
おそらく大正時代から昭和初期にかけて書かれたものです。
・舞台は養蚕を営む田舎の邸宅です。
・知能の発達に遅れのある若い女性がいました。白く透き通る肌に真っ赤な唇が映える、美しい方です。
・その女性が経血を床に垂れ流しながら廊下を歩く描写がありました。そこで「何故人間は、同じ出血でも経血を特別に不浄なものと考えてしまうのか」という主旨の文があったかと思います。
・無精髭を携えた色気のある中年男性が登場します。この女性に対し、特別な思いを抱いています。
それが恋心だったか、父性愛に近いものだったかは曖昧です。


Tweetこの本のツイートへ