未解決

あやふや本 No.5663

内容

少女漫画です
5年程前だと思います
主人公の宝物はおもちゃの小さなピアノ
小さい頃、隣に住んでいた少年に教えてもらっていた
ある日また隣に少年が戻ってくることになる
しかし彼は引越し先で挫折し、ピアノを嫌いになっていた
また彼の弾くピアノを聞きたい主人公は色々行動した夜に窓を開けておもちゃのピアノを弾いたが目が合った彼はカーテンを閉めて無視
翌日ピアノの弾き間違いを指摘された
最近また視力が落ちたと言ったが、主人公は夜盲症という病気だった(その病気が原因で弾き間違う)
夜になると視力が落ち、夜空の星がぼやけてみえない
いずれ失明すると診断されてい
見えなくなる前に彼のピアノがみたい一心だったが、彼に「何も知らないくせに」と言われてしまう
その後彼は主人公の病気のことを知り、何も知らないのは俺の一方だったと反省する
クライマックスは忘れました
当時、本誌を本屋でたまたま立ち読みした中にあった作品です(多分短編)
ちゃおDX>ちゃお>ShoComiだと思っています


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ