未解決

あやふや本 No.5678

内容

都会でキャリアを築いてきた男が、親の介護(?)のため地元に帰ることに。
町の職員に応募するが、同時に面接をしたのが事務や企画の経歴がない中年の冴えない男(?)と髪を明るく染めて敬語が話せない若者の3人で、担当者に「採用は持ち帰って後日連絡する」と言われ、酒を飲みながら荒れる話。
・主人公が彼の話を聞く(酔った彼に当たられる)場面。主人公は彼の兄弟(?)
・作風が重松清のような雰囲気だった気がする。
・少なくとも8年以上前に読んだ一般書


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ