未解決

あやふや本 No.5686

内容

短編集を探しています。
青っぽい装丁のハードカバー本だったと記憶しています。
「サンタクロースは実在する。
信じている、ではなくて、子供のころ確かにサンタクロースを見た。
その日わたしはクリスマスイブにもかかわらず家族と大喧嘩して、夜中に物音で目が覚めたら、誰か知らないひとに家族が殺されていた。
怖かったがそのひとはわたしを殺す気はなかったようで、そこで思い出した。
眠る前、わたしはサンタさん宛の手紙を『みんなきらいだからいなくなればいい』と書き直したのだ」という内容の話が最初の方に入っていたと思います。
一話ずつは独立していて、どの話もどんでん返しのような、想像をすこし裏切るような結末だったように感じています。
(星新一さんのショートショートや「5分後に意外な結末」シリーズっぽいな、という印象があったので)


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ