解決済

あやふや本 No.5695

内容

・南洋で真珠を探す船の船長が未知の水棲生物を見つける。部下に秘密で調教し、真珠を取らせてひと儲け。
・その生物の存在が広く知られるようになり、世界中で使役される。最初は水中土木用だが次第にサーカス用や軍事用などにも使われる。
・その一方で彼らに人権を認めようとする動きもあり、学校などが設立される。
・その生物の数が人間の人口を大幅に上回る。
・反乱が起きる。生息域を増やすべく陸を削り海を増やしはじめる。
・しかしその生物にそういった方面の「知能」があるとは思えない。人間が裏にいるのだろう。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:山椒魚戦争

作者:カレル チャペック

本のリンク:


前後の「解決本」へ