解決済

あやふや本 No.5782

内容

●20年~25年くらい前に読んだ漫画
●表紙がグラビアの週刊誌の青年誌っぽい感じ。ジャンプやサンデーなどの少年誌ではなかった
●主人公は女子高生。同じく女子高生の友人と一緒にタイムスリップ?してしまう。タイムスリップ先は中世ヨーロッパのような感じで、魔女狩りが盛んに行われている。
・制服姿の二人は疑いをかけられ、あらゆる拷問を受ける。腕にハンコ注射の痕があったため魔女だと断定され、自白するよう更にキツい拷問をされるようになる。友人はそれに屈して「自分は魔女です!」と嘘の自白をしてしまい、どこかへ連れて行かれる。
・数日後、主人公は湖のようなところで審判?を受ける。湖に落とされて浮いてきたら魔女確定で火炙り、沈んだら無罪(でも溺死する)。沈んでいく中で意識を失う。気がつくと現代に戻ってきていた。ただの幻覚だったのかと悩む主人公。しかし数ヶ月経っても友人は戻ってこない。
・ある日立ち寄った図書館だか本屋さんだか骨董品店だかで、魔女狩りについて書かれた歴史書を見つける。自分に拷問を行った男の写真と、友人に関する何か(記憶が曖昧ですが、一目で友人のことだとわかる記述か装飾品の写真?だった気がする)が載っており、友人があの時代で魔女として処刑されたことを知って愕然とする主人公というラスト


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:アウターゾーン

作者:光原伸

More Info:記憶の部分は第44話

本のリンク:


前後の「解決本」へ