未解決

あやふや本 No.5814

内容

15年近く前、小学校(母校)の図書館にあった漫画で、当時ですら本の状態が少し古くなってた漫画なのですが
・日本の明治?頃から平成までの歴史漫画
・2人の農民とその子孫の一生を日本の歴史と共に追っていく作品
・片方の一家が金持ちになって子供が『青い鳥』の絵本を自慢してて、もう片方の一家が『すげぇなぁも』となるも関東大震災で金持ちが破産してしまい、もう片方が『先祖代々助け合ってきた仲じゃないか!』と手を貸す話がある
・最後は平成の世で農民の子孫がお互いに恋をして結婚してひとつの家族になって終わる
・冒頭で農民や一般人も自分の苗字を作れる事になり、2人の農民がそれぞれ自分の苗字を決めるというシーンがある(田んぼの真ん中に住んでるから自分は田中で、林の近くに住んでるから自分の苗字は林ですみたいなそんな感じのシーン)


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ