解決済

あやふや本 No.A014

内容

10年程昔中学校の図書室にあった本です。

古いこともあり、少しくすんだ黄金色の表紙に主人公の男の子(髪型がみずら?でした。

)が書かれていました。

弥生時代くらいの生活様式で、主人公の男の子は身分の高い子だったと思います。

ある日、白い蛇のような男性に出会い、自分を守ってその人が死んでしまう。

責任を問われ旅に出た先で戦や人々の思惑に巻き込まれたり、悩んだりしていくストーリーだったと思います。

印象に残っているのは白い蛇が様々な場面で出てくることと、守護霊?か前世?かスピリチュアルな言葉が多かったことです。



こたえ

作品のタイトル:月神の統べる森で

作者:たつみや章

本のリンク:

月神の統べる森で