解決済

あやふや本 No.A071

内容

【過激な表現を含みます】
・小1向け~小6向けの作品がオムニバス形式で載っている。
各学年ごとに1冊の6分冊。
・ほとんど覚えていませんがSFが多かった気がします。
・6年生向けには「卒業時点で一定水準に達していなければ食肉にされる世界で、身体障害があり食肉確定の女の子と最期にセックスする(結構生々しい描写でした)」や「核戦争でほとんどの人類が死に、両親も放射線障害で死に(これまた生々しい描写でした)、アマチュア無線で見つけた唯一の生存者に会いにシェルターを出る」話があった。
・核戦争のほうは「CQ」「ハム」「クーロンの法則」等無線について細かく描写されていた記憶があります。



こたえ

作品のタイトル:誰かを好きになった日に読む本『電話がなっている,The End of the World』

作者:川島誠,那須正幹

本のリンク:

だれかを好きになった日に読む本 (きょうはこの本読みたいな)

依頼者コメント等:あやふや内容の、各学年ごとの六分冊になっているというのは誤りで、タイトルが似ていることや、最初に平易な作品が、最後に難解な作品が載っていることから「読書の時間に読む本」と混同されたのだそうです。