解決済

あやふや本 No.A099

内容

曖昧な点
・恐らく海外原作、読んだのは日本語訳
・図書室?の本だった為、その年の新刊ではない可能性有
・確かハードカバー
・登場人物は動物(人間はいなかった記憶)
・作中にタイプライターが登場?
・主人公は郵便配達?確か兄弟だか友達だかで2~3人いた
・挿絵で文字が書かれている部分があり、文字は丸文字だった記憶
・結末は単純だが割と厚めだった記憶(当時好きだった「わかったさん」シリーズよりも分厚かった)

確実な点
・ジャムの作り方が書かれている手紙を汚し、作り方が読めなくなってしまった(文字が滲んでる描写の挿絵有)
・最終的には手紙の送り主が毎度下書きをして送っている為、その下書きからジャムのレシピを教えて貰えることになり一件落着
・そのジャムをみんなで食べて物語が終わる
・挿絵は鉛筆で描いたような感じ。



こたえ

作品のタイトル:こそあどの森の物語「ふしぎな木の実の料理法」「まよなかの魔女の秘密」

作者:岡田淳

本のリンク:

岡田淳こそあどの森の物語完結セット(全12巻セット)

依頼者コメント等:シリーズ2作の記憶が混ざっていたそうです。